バリアフリー歩行補助手摺エクステリア工事メーカー

家周りの段差と歩行補助手摺

当社の窓から大山や丹沢山系が見えますが、雪化粧している景色が好きです。
でも桜の季節も待ち遠しいですね。

 

話は変わりますが、
先日足を怪我しまして、人生初のギブス+松葉杖の生活に。
今までは気にしなかった小さな段差が大きく感じられ、日常の中にこんなにも段差があったことを認識しました。

新築の住宅の場合。
室内はバリアフリー化が進んでいると思いますが、玄関を出るとまず階段・・・
その様なお宅も多いと思います。
(自宅は古いので、1つ1つの部屋の間仕切りに段差があります)

大した段差じゃないと思っていた10センチにもならない蹴上も、松葉杖に慣れない私には一苦労です。

 

そんな中で助かるのが「手摺のある場所」
特に段差がある場所で手摺があると、安心度が上がります。

様々な理由で補助手摺の工事を行わせて頂いておりましたが、「快適で安全安心な生活」に欠かせないエクステリア商品だと改めて思って思いました。

 

なので
今日のブログは【手摺】について簡単に書きたいと思います。

 

 

 

【手摺の施工法】<写真三協アルミ 手摺シリーズより>

大きく分けて、2つ。

①柱を建てて手摺笠木を施工するタイプ

②手摺笠木を既存の塀やサイディングに取り付けるタイプ

 

写真 三協アルミ クリエフリーより<①柱を建てて手摺笠木を施工するタイプ>

柱タイプは動線に合わせて施工できます。
また手摺笠木の形や格子などの種類も豊富なので、様々なシーンに合わせてお選び頂けます。

 

 

写真 三協アルミ クリエフリーより<②手摺笠木を既存の塀やサイディングに取り付けるタイプ>

塀やサイディングに取り付けるタイプでは、柱の部分の場所は取りませんが動線が限られます。
サイディングに直接取り付ける場合に新築だと、住宅の外壁の補償問題などもありますので、考慮が必要です。

 

 

 

【手摺の主な形状】<写真三協アルミ 手摺シリーズより/他社では他の形もあります>

 

メーカーによって様々なデザインや太さが出ています。
握りやすい丸いタイプ~手の大きさが変わってもカギ握りのできるデザイン、スタイリッシュなものまで、使い勝手や家や外構の雰囲気でお選び頂けます。
色もアルミ色や木調があるので、玄関ドアやサッシの色にも合わせられます。

 

 

【手摺・格子のデザイン】<写真三協アルミ 手摺シリーズより/他社では他の形もあります>

 

背の高さが違う人が使いやすいように手摺を2段仕様にされたり、潜り抜け出来ないように格子をつけたり出来ます。
曲線などデザイン性の高いアルミ鋳物製もあります。

 

高齢者や障害者・怪我など以外でも、雨や雪の日は滑りやすいので手摺があると安全ですね。

当社手摺の施工例はこちらに掲載してますので、ご参考にしてみて下さい。

 

 

またお住まいの市町村によっては、対象条件に当てはまる場合に補助金が使用できる場合もあるようですので、工事のご検討の方は事前に確認して下さい。

 

 

 

エクステリア・新築外構・庭・外構リフォームなど家の外回りの工事をご希望の方は、下記電話番号又はメールフォームよりご連絡下さい。
尚 お打ち合わせは、【予約制】とさせて頂いております。

 


エクステリア・外構・庭工事専門店
株式会社エクステリアパル 
〒243-0814
神奈川県厚木市妻田南1-4-8
TEL*046-297-1300(業務の妨げになりますので、営業・勧誘の電話やFAXはご遠慮ください。)
メールフォーム

【施工実績】
神奈川県厚木市始め、海老名市・愛川町・伊勢原市・綾瀬市・秦野市・大和市・横浜市・平塚市・藤沢市・大磯町・座間市・相模原市・小田原市・鎌倉市・横須賀市など神奈川県全域及び東京都町田市・八王子市及び近郊で、工事を行わせて頂いております。

【取扱いメーカー】
三協アルミ・LIXIL・YKKap・四国化成・エスビック・東洋工業・メイクランド・オンリーワン・ヨドコウ・イナバ物置・Nikko・福彫・美濃クラフト・パナソニック・F&F・三和シャッター・その他メーカー