商品案内

庭の素材・商品選び~芝と人工芝/人工デッキと木製デッキ~Vol.1

庭で過ごすのに心地よい季節になりましたね。(少し暑い!?)

 

 

今回のブログでは、庭のデザインで使われる素材や商品についてご案内したいと思います。

VOL.1は【天然芝or人工芝】【人工木デッキor木製デッキ】をテーマに。

 

と、まずその前に、
庭の御見積・ご提案をする上で一番大切なことは

お客様が庭をどのように使いたいか?
どのくらいお手入れに時間が割けるか?

になります。

 

例えば
・子供が走り回れるように
・植栽を植える花壇や家庭菜園を作りたい
・犬を放し飼いにしたい
・雑草が生えにくく、手間がかからないように
など・・・

 

 

ご希望によって、デザインやご提案する商品・素材が変わってきます。
(もちろんご予算も大事ですが・・・・)

またその中で、管理やメンテナンスなどに時間を割かなければならない商品・素材もあります。
このようにそれぞれにメリット・デメリットがありますので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

【天然芝or人工芝】

 

天然芝<高麗芝>

イネ科で日本芝の一種です。
西洋芝は一年中グリーン色をしていますが、高麗芝は冬は地表が枯れます。

【メリット】
・日陰や風通しの悪い場所では、生育が悪くなってしまいます。
・暑さを吸収してくれるので、デッキやコンクリート製品よりも熱くなりにくいです。
・照り返しの影響もあまり受けません。
・自然の緑が目に優しいです。etc…

【デメリット】
・生育期は月に1度は刈り込みが必要です。
・他にも水やりや草むしり・追肥など、綺麗に保つためには手入れが必要です。etc…

 

人工芝

メーカーによって異なりますが、人工芝部分にはPPやPEが使われています。
長さや硬さ・用途など様々な目的に合わせた商品が出ています。

【メリット】
・天然芝のような手入れが必要ありません。
・一年中グリーンなので見た目も綺麗です。etc…

【デメリット】
・一般の天然芝よりは価格が上がります。

・商品によって、手触り・人工感などが大きく変わります。
・耐用年数があるので、将来的には取り換えが必要になります。etc…

 

 

【人工木デッキor木製デッキ】

 

人工木デッキ

木の粉と樹脂を混ぜたものを、床材表面に使用しています。
色や木目感などは、メーカーや商品によってラインナップが異なります。

【メリット】
・木製デッキのような、防腐・防蟻対策などのメンテナンスが必要ありません。(メーカー品)
・ささくれもないので、とげが刺さりません(メーカー品)
・フェンス・パネルの種類が豊富です。
・色も豊富に出ているので、庭や家の雰囲気にも合わせやすいです。etc…

【デメリット】
・自然の風合いには近づけていますが、木製デッキのナチュラルな感じにはなりません。etc…

 

木製デッキ

イペやウリン(アイアンウッド)など様々な天然木材が使われます。
耐久・耐候性や加工による汎用性・木の質感・色など、木により異なります。

【メリット】
・天然木の温もりを感じることが出来ます。etc…

【デメリット】
・防腐処理や・防蟻対策が必要です。
・ひび割れや反りなどが発生しまする場合があります。
・天然木なので、色や木目など個体差があります。etc…

 

 

*記載以外のメリット・デメリットもありますので、その商品の詳細をご検討下さい。
*写真は全て参考写真になります。写真ACより

 


エクステリア・外構・庭工事専門店
株式会社エクステリアパル 
〒243-0814
神奈川県厚木市妻田南1-4-8
TEL:046-297-1300(業務の妨げになりますので、営業・勧誘の電話はご遠慮ください。)
メールフォーム

【施工実績】
神奈川県厚木市始め、海老名市・愛川町・伊勢原市・綾瀬市・秦野市・大和市・横浜市・平塚市・藤沢市・大磯町・座間市・相模原市・小田原市・鎌倉市・横須賀市など神奈川県全域及び東京都町田市・八王子市及び近郊で、工事を行わせて頂いております。

【取扱いメーカー】
三協アルミ・LIXIL・YKKap・四国化成・エスビック・東洋工業・メイクランド・オンリーワン・ヨドコウ・イナバ物置・Nikko・福彫・美濃クラフト・パナソニック・F&F・三和シャッター・その他メーカー