植栽について

 

植栽の役割植栽の分類主な植栽(樹木編)主な植栽(グランドカバー編)

 

「シンボルツリー」とは、その名の通り住宅や建造物などのシンボルになる木のことで、少し背の高い木のことを指します。
新築や建て替え・お祝いの記念樹として植えられることもあります。

 

植栽には様々な役割がありますが、外構での主な役割として機能的&視覚的効果があります。

日差しのコントロール
植木によって影が出来ますので、室内への日差しのをカットしたり、庭に涼む場所を設けることが出来ます。

目隠し
目隠しフェンスの代わりに、常緑の植栽を植え視線を遮ることもできます。

視線を逸らす
植栽に目線が行く演出により、視線をそらす効果も生まれます。

外構や建物を引き立たせる・雰囲気の演出
植栽を植えることで、外構や庭・建物をさらに引き立たせ、和風や洋風・バリ風など外構のイメージに合わせた木を植えることで、雰囲気の演出にもなります。

木・季節を楽しむ
植栽の種類によって、花や実・紅葉など季節ごとに移り替わる景色を楽しむことが出来ます。

 

 

【植栽の高さによる分類】

高木 成木の樹高が3.0m以上になるもの
中木 成木の樹高が1.5m以上3.0m未満のもの
低木 成木の樹高が1.5m未満のもの
*土壌や日当たり・環境により成長具合は多少異なります。

地被植物(グランドカバー) 成長しても高さはあまり大きくならず、地面を覆うように横に成長していく植物。

 

【葉の養生状態による分類】

落葉樹
一年を通して葉をつけている樹木。
まったく葉が落ちないわけではなく、数年かけて古い葉を落とします。
シラカシ・ソヨゴ・コニファー・オリーブ・キンモクセイなど・・・

落葉樹
秋から冬にかけて葉を落とし(落葉)、春先に新芽を出します。
ヒメシャラ・ハナミズキ・モミジ・ジューンベリーなど・・・

半落葉樹/半常緑樹
生育環境・土壌・肥料・気候などにより、寒くなる時期に多少葉を落とします。

☆植栽を植えるときは、将来を見据えた植栽計画や大きくなりすぎる前に伐採などのお手入れをする事をお勧めしています。

 

【一年草/二年草】
発芽して1年または2年内に種子から発芽して、花→結実→種子を残して枯死します。
パンジー・アサガオ・ヒマワリ・ニチニチソウ・インパチェンスなど

【多年草】
同じ株から何年も枯れずに続けて花を咲かせます。
基本的に、冬でも葉が枯れずに残ります。
クリスマスローズ・ゼラニウム・アガパンサス・オモトなど

【宿根草】
多年草のように同じ株から何年も枯れずに続けて花を咲かせますが、冬になると地上部が枯れ、暖かくなると育ち始めます。
エキナセア・バーベナなど

 

 

 

【シマトネリコ】半常緑~常緑樹 / 高木 / モクセイ科

<開花時期 5月下旬~7月下旬>
成長は早いですが選定もしやすいので、育てやすい木の1つで白い地味な花を咲かせます。
雪や冬の乾燥した風で葉が痛むことがあり、植えた1年目の冬には落葉することがあります。

 

【ソヨゴ】常緑樹 / 小高木 / モチノキ科

<開花時期 5月~6月 / 果実熟期 10月~11月>
成長はやや遅く、小さな白い花を咲かせ赤い実をつけます。
強い乾燥には弱いので、注意が必要です。

 

【オリーブ】常緑樹 / 高木 / モクセイ科

<開花時期 5月~6月 / 果実熟期 10月~11月>*品種により異なる
果実はオリーブオイルをピクルスの材料に。
暖かく雨の少ない気候を好むので、湿った環境に弱い傾向があります。

 

【ハナミズキ】落葉樹 / 高木 / ミズキ科

<開花時期 4月~5月 / 果実熟期 9月~11月>
街路樹にもよく植えられ、白や赤・ピンクの花を咲かせ、赤みをつけます。
水はけ、風通しの良い環境を好みます。

 

【ヒメシャラ】落葉樹 / 高木 / ツバキ科

<開花時期 6月~7月>
美しい幹が特徴で、白い花を咲かせます。
乾燥にやや弱く・水はけのよい土壌を好みます。

 

【ヤマボウシ】落葉樹 / 高木 / ミズキ科

<開花時期 6月~7月 / 果実熟期 9月~10月>
白い花を咲かせ、赤い実をつけます。

比較的丈夫な木です。

 

【エゴノキ】落葉樹 / 高木 / エゴノキ科

<開花時期 5月~6月 結実 6月~10月>
白やピンク色の星形のかわいい花を咲かせる。
成長速度が速く、乾燥にやや弱いが耐寒・耐暑に優れている。
*実には毒があるので注意が必要

 

 

【サルスベリ/百日紅】落葉樹/中高木/ミソハギ科

<開花時期 7~9月>
白やピンク~紅赤色の花を咲かせます。
日当たりが良く水はけが良い環境を好みます。

 

 

【ハイノキ】常緑樹 / 高木 / ハイノキ科

<開花時期 4月~5月/ 結実10月~11月>
比較的成長が遅く、控えめな白い小さな花を咲かせます。
強い日差しや乾燥が苦手なので、植える場所や水やりに注意が必要です。

 

【イロハモミジ】落葉樹 / 高木 / ムクジロ科

<開花時期 4月下旬 / 落葉 11月~12月頃>
水はけのよい土壌を好みますが、乾燥のし過ぎには注意が必要です。
日当たりが良い方が紅葉がきれいです。

 

【キンモクセイ】常緑樹/小高木/モクセイ科

<開花時期 9月~10月>
小さな黄色い花を咲かせ、香りがします。
水はけが良く肥沃な土壌を好み日陰でも育ちますが、日当たりのよい方が花付きが良くなります。

 

 

【カツラ】落葉樹 / 高木 / カツラ科

<開花時期 5月頃>
丸いハート型の葉が特徴の木。
成長が早く、適湿な環境を好みます。
夏の水切れには注意が必要です。

 

【アオダモ】落葉広葉樹 / 高木 / モクセイ科

<開花時期 4月~5月 / 結実 8月~10月 / 紅葉10月~11月>
アイボリーの線状の花を咲かせ、豆状の実をつけます。
成長がやや早く、乾燥や寒さに強い木です。
日光不足になると、紅葉しないで落葉する場合があります。

 

 

【シラカシ】常緑樹 / 高木 / ブナ科

<開花時期 4月~5月 結実 10月頃>
街路樹にもよく使われ、果実はどんぐりと呼ばれる。
小さな花が栁状に咲く。
大変丈夫で、日当たりや風通しもさほど気にせずに植えられる。

 

【ジューンベリー】落葉樹 / 小木 / バラ科

<開花時期 4月~5月 / 果実熟期 5月~6月>
赤い実をつけ、生食やジャムなどにして楽しめます。
やや乾燥には弱いですが、丈夫であまり手間がかからないので、育てやすい木です。

 

【フェイジョア】常緑樹/低木/フトモモ科

<開花時期 6月~7月/結実 10~11月>
日当たりの環境を好み、やや耐寒性(-10度前後)に弱いです。
花も実も食用になり、実は食物繊維やビタミンCが含まれています。

 


【ベニカナメモチ/レッドロビン】常緑樹 / 高木 / バラ科

<開花時期 4~6月>
赤い新芽が特徴で、成長が早く生垣に使われることが多い。
水はけのよい土壌を好み、比較的丈夫で剪定もしやすい。

 

 

【ナンテン/南天】常緑樹/低木/メギ科

<開花時期5月~6月/結実11月~2月>
白い花を咲かせ、赤い小さな実をつけます。
水はけが良く肥沃な土壌で、半日陰を好みます。
「難を転ずる」として、厄除けとして植えられる方もいらっしゃします。

 

 

【トキワマンサク】常緑樹 / 小木 / マンサク科

【開花時期 4月~5月】
ピンクや白の細い花弁がたくさん付いた筆先のような花を咲かせます。
成長がやや早く、生垣に使われることもあります。
適湿を好み、比較的丈夫です。

 

 

【みかん】常緑樹 / 低木 / ミカン科

<開花時期 5月頃 / 収穫期 10月~12月ごろ>*品種により異なる
水はけのよい土壌と日向を好む。
成長期(特に夏)にはたっぷりと水やりをします。

 

【レモン】常緑樹 / 低木 / ミカン科

<開花時期 5月~6月頃 / 収穫期 10~12月>
水はけのよい土壌と日向を好む。
成長期(特に夏)にはたっぷりと水やりをします。
品種によっては、鉢植えで冬の時期に移動できるようにします。

 

 

【コウライシバ】多年(宿根)草 / イネ科

<開花時期4月~5月>
芝生は種類によって、葉先の形状や花・管理などが異なります。
高麗芝は日本芝の一種で、洋芝に比べ日本の気候に合った芝になります。
日当たりのよい風通しの良い場所を好み、冬になると地上部が茶色く変化します。

【セダム】多肉植物

<開花時期 2月~10月>*品種により異なる
花の色・葉の形・耐寒・耐暑など、品種によって異なる。
日当たりが良く風通しの良いところを好むが、植える品種の適正環境を確認が必要。

 

【タマリュウ】常緑多年草 / ジャノヒゲ科

<開花時期 7~8月>
小さな花を咲けせ、青~紫色の実をつけます。

耐寒性・耐暑性にすぐれ、日陰でも育ちます。
病気や害虫にも強いですが、乾燥には弱いので水はけが良すぎる土は土壌の改良がおススメです。

 

【ヒメイワダレソウ】常緑低木 / クマツヅラ科

<開花時期 6~9月>
白やピンクの小さな花を咲かせます。
繁殖力が強いので、雑草抑制のための地被植物として使われることもあります。
耐寒性・耐暑性はありますが、日当たりの良い場所を好みます。

 

【クリーピングタイム】 常緑 / 多年草 / シソ科

<開花時期 5月~9月>
葉からは爽やかな香りがし、白や薄い紫などの小さな花を咲かせます。
日当たりが良く水はけを水はけのよい中性~弱アルカリ性の土壌を好みます。
日本は酸性土が多いので、植え付けの際は土壌の改良をお勧めします。